読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WonderLab

女性向けのボイスアプリを作ってます。新情報と書きたいこと書いてます。

年下カレシ七夕SS

7月7日カノジョの家で
×  ×  ×
「なぁ、今日って七夕だけどさ、なんかお願いごととかそういうのってあったりする?」

「……えっ。……うん、あるよ」
 

なにその反応。なんかあると思ったけど言いにくいことなのか
 

「……もっと、圭吾と一緒にいられたらいいなって……」

は? なにこれ? ”ある程度”そういう回答がくるかなって予想していたけど、していたけど……予想以上に嬉しいっていうか、動揺するんですけど。

 つーか、自分で言っておきながら恥ずかしそうにするなよ! ……そういうとこも可愛いんだよ。
おちつけ、はしゃぐと子どもっぽいし、ここは普通な感じで返そう。

「…………そ、そうなんだ……」
あーくそ、ちょっと噛みそうになった。思ったより動揺してるし。やっぱり不意打ちは反則だって。恥ずかしいつーか、心の準備してないと表情が保ってられないから。

「圭吾はお願いごとってあるの?」
よ、よしっ、動揺しているのバレてないな。


「お、俺も、同じだよ。……あんたともっと、一緒にいられたらいいなって……」
これ口に出すのってなんか恥ずかしいな。

「ほんとに? それじゃあ二人とも一緒だねっ」

……だから、そうやって嬉しそうに微笑むの反則だって。


「……ったくずりぃの……可愛すぎだろこれ」
これを無自覚にやってるんだから、あんたってほんとにタチ悪い。
にやけるのって抑えるの結構大変なんだな。いま頬にすげぇ力入ってるし。


あー、つかこれもう我慢しなくていいか、うん。なんの我慢だって話だしな。ガキっぽいって思われるかもしれないけど、こんなの我慢するのが無理だから。

「なぁこっち、もっと近く来て。……んっ、チュッ……。もっかい……チュ。だめ、まだ足りない……」

「……ずっと一緒にいような、来年も、その先もずっとずっと……なっ?」

なんだよその顔、ホントは分かってたんだろ。でもまぁ、あんたにならこういうとこ見せてもいいか……。

「ったく……大好き。……チュッ」


おわり。

 

アプリのDLはこちらから☆

シチュカレ

シチュカレ

  • Natsumi Nanmoku
  • エンターテインメント
  • 無料

 

Android

シチュエーションカレシ◆ダミヘ収録・声優アプリ/シチュカレ - Google Play の Android アプリ